2009/10/24

<山行記録>2009.10.24 【尾瀬 至仏山山行】 初雪間近の静かな山行

小至仏山より至仏山を望む
今回の山行は、以前から計画していた至仏山ピストン。
 天気は、全行程を通じて、高曇り。視界はほぼ良好なれど、気温がかなり低いという状況。
 鳩待峠からの登山道は整備されており快適。 ただ、蛇紋岩が露出する稜線および山頂への取り付き付近はは滑りやすく、雨天もしくは雨後はかなり注意を要することになるだろう。
 標高差は約600mだが、この登山道は勾配が平均化されており快適な登りである。
 小至仏、至仏からの眺望は素晴らしく、北からぐるっと越後駒、八海山、巻機、朝日、谷川、浅間、武尊、赤城、皇海、日光白根、男体山、そして燧ケ岳と全方位を展望できた。
 高曇り無風の至仏山山頂は、気温は約10度とかなり低い。この山行の2、3日後には今年度初冠雪。
途中、出会う登山者も少なく、晩秋の快適な日帰り山行であった。
至仏山山頂より尾瀬ヶ原そして燧ヶ岳
日程:2009年10月24日 (土) 日帰り

同行メンバー: Hさん

天候:曇り

当初計画:鳩町峠-悪沢岳分岐-小至仏山-至仏山山頂-小至山-悪沢岳分岐-鳩町峠

コースレコード:鳩町峠(9:15)-悪沢岳分岐(10:40)-小至仏山(11:05)-至仏山山頂(11:50)-小至山(13:25)-悪沢岳分岐(13:55)-鳩町峠(15:15)

実歩行時間:4時間50分
稜線上の高層湿原