2015/01/25

2015.1.25 【北八ヶ岳 北横岳・三ッ岳・雨池山山行】絶景360度!でもその後は苦闘の雪中行軍!

南八ヶ岳中核部(北横岳から)
2015年2回目の山行である。
今回の目的地は、まず、①雪山②景色が良い③楽なところ。
ということで入笠山、天狗岳、北横岳+縞枯山を候補としたが、ロープウェイがあり楽に登れるということで北八ヶ岳にある北横岳+縞枯山に決定。
このルートは、同行のH君が昨年も来ており、その際は天候が悪く、景色がほとんど見えなかったとのこと。彼にとっては「八ヶ岳ブルー」への再挑戦となる。
すべての写真はクリックで拡大します
北横岳は、本当はただの「横岳」という名称である。
すぐそばの南八ヶ岳にも「横岳」があるため、区別するために北横岳と呼ばれるようになったらしい。
南八ヶ岳の横岳は、北横岳に比べてエライので「南横岳」とは呼ばれないのである。

予測通り、本日の八ヶ岳の天気予報は晴れ。気温も高い。
通常は強風が吹き抜ける北横岳も気圧配置から判断し、今日は風がないだろうと予測。

夜明け前に中央道に乗り諏訪インターを目指す。
途中、双葉SAで夜明けを迎える。
完全無欠の快晴である!! やった〜〜
中央道 双葉SAより日の出を眺める
八ヶ岳にも夜明けが来る
中央道を諏訪インターを降り、国道152号を蓼科方面に向かう。
途中から積雪&凍結している山道を進み、「北八ヶ岳ロープウェイ」の麓駅に8時半過ぎに到着。
北八ヶ岳ロープウェイの駐車場に到着
始発の9時のロープウェイには混雑で乗車できず、次発の9時10分発の満員のロープウェイに乗り込む。
登山者も多いがボーダー、スキーヤーも朝早くから登ってきており、ぎゅうぎゅうの車内は朝の総武線快速状態。
身動きできないまま7分ほどで頂上駅に到着。
それでも、標高1,771mから2,237mまで登れるのはありがたい。
ロープウェイ頂上駅前広場
この「北八ヶ岳ロープウェイ」であるが、私の認識では「ピラタスロープウェイ」という名前であったはず。
調べてみると、1967年の創業当時は「日本ピラタス横岳ロープウェイ」という名前だったが、その後「ピラタス横岳ロープウェイ」と名を変え、一昨年までは「ピラタス蓼科ロープウェイ」と運営会社の変更により、4回も名前を変えているのである。
ロープウェイ自体は、創業以来何も変わっていない(ように見えます)のだが。

山頂駅の駅前広場は、一面の雪景色であり、多くの登山者で賑わっている。
その多くがアイゼンもしくはスノーシューを装着している最中である。
我々は天気が快晴であることを確認するとすぐに出発した。
これだけ踏みしめられた雪原では、我々はアイゼンなど付けないのである。
アイゼン、スノーシューを装着する人々
その後、私とH君は、頂上直下の北横岳ヒュッテの前でアイゼンを装着したのであるが、その辺りでアイゼンを装着しているのは、お年寄りばかりでありました。(この理由は容易に推定できますが、ここでは省略します)

ちなみに最近は、アイゼンをクランポン、ピッケルをアックス、ザイルをロープ、ゼルプストをハーネス、ワカンをスノーシュー(これは違うか)などと呼ぶようですが、我々の世代はドイツ語縛りなのであります。
坪庭からロープウエイ駅方向
後ろに中央アルプスと御嶽山が見える
これから行く北横岳
 八ヶ岳ブルーの雪原を行く
スノーモンスターの出来損ない
坪庭を経て、林間を登り、三ッ岳との分岐までは、結構な登りとなる。
南ア、御嶽などの絶景を眺めながら快調に高度を稼ぐ。
分岐で小休止。そこへ「知ったかオヤジ」の悪魔のささやきが。
我々が休んでいると、単独行のオヤジが現れ、「三ッ岳の方に行くなら、スノーシューかワカンがないとだめだよ。前に来た時は持ってなかったから戻って来た。」などと知ったかビーにご親切に教えてくれる。
我々のザック(ドイツ語)にワカン(日本語)が括り付けてあるのがワカンないのかよ。
北横岳ヒュッテに到着
前述の通り、北横岳ヒュッテ前でアイゼンを装着し、頂上への最後の急登を登る。
頂上への最後の急登
混雑している急坂をなんなく登り切ると北横岳の南峰(2471.6m)に到着する。(正直アイゼンはいらなかったかも)
北横岳南峰に到着
北アルプス方面 大キレットもくっきりと 
南八ヶ岳から南ア方面 
すぐ北にある蓼科山 いわゆるザビエルです
ザビエルをバックに(北峰にて)
浅間山、四阿山方面もくっきり

果たして絶景である。
近くには南八ヶ岳、蓼科山。
遠く、南アルプス、中央アルプス、御嶽山、そして北アルプス。鹿島槍、白馬三山も含めてほぼ全山が見渡せる。

妙高山、浅間山方面も快晴であり、文字通り360度の展望である。こんな日は一冬に幾日もあるまい。
冬の晴れた日の八ヶ岳の空を人は「八ヶ岳ブルー」と呼びますが、まさにこの日がそうでした。
北横岳から見る全アルプス 南から北まで全部見えてます
風もほとんどなく、気温は零下10度。
急登を登ってきたので、汗ばむほどである。
南峰での景色を楽しみ、北峰に向かう。
北横岳は双耳峰であるが、南峰より北峰のがわずかに高く、北峰が北横岳最高点である。

北峰は、同じロープウェイで来た人々もほぼ同時刻に登って来ているため、かなりの混み具合であったが、我々がだらだらと30分も居座っているとほとんどの人が降りてしまい、静かな山頂を満喫することができた。

さて、ここで午後の予定を考える。
今日は天気が良く、当初予定していた縞枯山もよく見える。
縞枯山はここより標高が低く、展望もあまり良くない。
それに比べて三ッ岳は岩峰でおもしろそうである。
先ほどの単独行の知ったかオヤジも「行く」と言ってたし、ワカンの訓練にもなるということで、三ッ岳方面に行くことに決める。
積雪が多い場合は引き返す。
トレースがあって先に進めると判断した場合は、そのま雨池山を越え、縞枯山荘まで下ることにしよう。
ワカンも持ってきたよ
南峰、北横岳ヒュッテを経て、三ッ岳方面への道をとる。
この方面に足を伸ばす人はあまり多くないが、トレースはしっかりしており、三ッ岳第三峰に容易にたどり着く。
このルート、夏場は岩場の登りとなるが、今日は冠雪しており歩きやすい。
三ッ岳第三峰への登り
三ッ岳はその名の通り、三つの峰で構成されており、最初に登ったのが第三峰である。
ここでも写真を撮ったり、後から来た人たちと話し込んだりと十分な休憩を取り、この先もトレースがしっかり付いているのを確認し、雨池山方面へ進むこととする。
第三峰頂上にて
ここまでは余裕があったのでポーズを決める
さっきまで居た北横岳と蓼科山
白い雨池と金峰山方面
第三峰からの下りは、夏は岩場の急斜面で鎖場となっているが、今日は雪と岩のミックスとなっており、アイゼンでサクサクと降りられる。
しかし、第一峰を通過する頃に私の左のアイゼンが不調となり、2回も外れる。(後で調べてみるとワンタッチのネジの長さが長すぎ、ゆるくなっていた)
ちょうど積雪も多くなり、トレースもあまり踏まれていないので、いよいよワカンの出番とする。
出だしはしっかりしたトレースが
ワカン装着!沈まないよ
雨池山山頂の標識は足の下に
実は、ここから縞枯山荘までの1時間ほどは苦闘の連続となった。
下り勾配が急なためワカンでは止まらず、滑り落ちる。
トレースがよく分からず、樹林帯で藪こぎ状態に陥る。
果ては雪に埋もれた木(シラビソ)の枝に乗っている雪を踏み抜き、胸まで埋まる。等々。

雨池山を越えると、さらに雪は深くなり、正しいトレースもよくわからなくなる。
天候も曇りがちになり、ロープウェイの最終時刻4時までに間に合うかと不安にもなってくる。

Hさんが先行していたが、ズボッという音とともにいきなり見えなくなる。
なんとか這い出してきて「ここはダメ、左の方は大丈夫そうだよ」私が左の方へ行くと、いきなりズボッ。
胸まで雪にハマりながら助けに来てくれたH君と大笑い。

雪道での苦闘30分あまり。なんとか怪我もなく雨池峠へ出ることができた。

ここまで三ッ岳第三峰からは、一人の登山者にも遭わず、ワカン装着雪山迷走を堪能できました。
先を急ぐラッセル要員
このあたりまで来るとスノーシューを履いた人などが結構出て来ており、もう大丈夫。


うまいコーヒーをいただく
縞枯山荘でコーヒーを頂く。
山荘のオヤジさんに「どこから来たの?」と問われ、「北横から三ッ岳、雨池山を廻ってきた」と告げると、「トレースありましたか?あのルートはあまり人が入っていないと思うけど。大体トレースなくて苦戦するんだよね」とのことでした。

縞枯山荘を出ると、また晴天が戻っていた。
ワカンもアイゼンも外し、のんびりと頂上駅に向かう。
10分ほどでスノーボーダー・スキーヤーで満員の頂上駅に到着した。

ロープウェイはもうすぐだ 
山頂駅に着いた。
今日の山行もここで終わり

たった7分でふもとへ下る
登山客しか乗っていない下りロープウエィに乗り「今日は、結構歩いたなあ」と満足しながら思ったが、後で計算すると実歩行時間はわずか3時間ほどであった。

しかし、今回の山行では、足も痛まず、ヘタレることもなく最後まで快調であった。
今年になり2回目の山行となったが、ここまではまずまずの体調である。
今年こそは、「月一山行」を成し遂げようと決意を新たにしたのである。

〜深雪に 足を取られて 笑顔かな〜
甲斐駒ケ岳に日が沈んでいく(八ヶ岳SAより)
<山行記録>
日程:2015年1月25日(日) 夜行日帰り
同行者:Hさん
天候:晴れ時々曇り

当初計画:北八ヶ岳ロープウェイ頂上駅(9:00)-北横岳ヒュッテ(9:50)-北横岳南峰(10:00)--北横岳北峰(10:10)-発(10:30)-南峰(10:35)-北横岳ヒュッテ(10:40)-縞枯 山分岐(11:30)-縞枯山荘(11:40)-(昼食)-発(12:40)-縞枯山(13:10)-発(13:30)-縞枯山荘(14:00)-北八ヶ岳ロープウェイ頂上駅(14:15)

コースレコード:北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅(9:10)-(ロープウェイ)-頂上駅(9:20)-発(9:30)-三ッ岳分岐(10:09)-発(10:15)-北横岳ヒュッテ(10:20)-(アイゼン装着)-発(10:30)-北横岳南峰(10:43)-発(10:55)-北横岳北峰(11:00)-発(11:28)-南峰(11:32)-発(11:45)-北横岳ヒュッテ(11:50)-三ッ岳分岐(11:53)-三ッ岳第三峰(12:10)-発(12:35)-第二峰(12:47)-第一峰(12:55)-休憩(13:00)-(ワカン装着)-発(13:15)-雨池山(13:45)-雨池峠(14:05)-縞枯山荘(14:12)-(昼食)-発(14:50)-北八ヶ岳ロープウェイ頂上駅(15:00)-発(15:10)-(ロープウェイ)-山麓駅(15:20)


実歩行時間:3時間3分 休憩2時間27分

三ッ岳第三峰にて

2015/01/17

2015.1.17 【日光 雲竜渓谷山行】今年1発目は今大人気の氷瀑見学!

2015年山行の第一弾は、日光東照宮新春参拝ではなくて、東照宮の横を通り抜け、稲荷川渓谷を遡り、最近、人気の雲竜瀑の氷瀑を見に行くことにした。
氷瀑と化した雲竜瀑
今回は「孤高の単独行者HT君」から、誘われての山行であるが、正直な話、恥ずかしながら私は彼に教えられるまで、この雲竜瀑(雲竜渓谷)を知らなかったのである。
最近、人気のスポットで、「林道をちょこっと歩くと氷瀑に着きますよ。」とのことなのであった。

この雲竜瀑へのルート、無積雪期は結構な沢登りを強いられそうなコースであるが、冬なら沢も滝も凍っていて快適とのこと。
最近は氷瀑を見に行くツアーも数多く出ているとのことであった。
一説によると「アナ雪」の影響もあるらしいのであるが、これはウソだろう。たいして面白くもないアニメであった。
写真はすべてクリックで拡大します
17日午前1時。HT君が迎えに来てくれる。
当初はもう少し遅く出発する計画であったが、登山口付近の駐車場は3、4台分しかスペースがない。そこに駐車できない場合はかなり下の方の駐車場に止めることになるとのことなので、思い切って真夜中に出発することにした。

東北道を爆進し、一番乗りで午前4時前には登山口の駐車場に到着。
他に車は1台も来ていなかった。
日の出まで約3時間。
車中で休憩を取るが車窓から見上げると満天の星空。月齢26日の月が鋭く光っている。

日の出を徒歩1時間ほどの展望台から見ようということで、5時半に出発。
この頃ようやく我々の横に1台、後続車が到着した。
気温が高く(この時点で丁度零度)、ちょっと嫌な感じがするが、天気は相変わらずの快晴!
素晴らしい日の出が見られるであろう。
ヘッデンで雪の林道を歩く
うっすらと夜が明けてくる
二日前に降った新雪が積もる林道をヘッドランプを頼りに登っていく。
本来、林道歩きは嫌なものだが、数センチ林道の上に積もった雪がサクサクとここち良い。だんだんとあたりも明るくなってくる。
しかし、展望台にもうまもなく到着しようかという頃になり、天候急変。
吹雪となり、もちろん日の出どころではなくなる。

展望台に到着し、10分ほど様子を見るも好転する気配がないので、しかたなく出発。
雪の降る林道を登り始める。と5分ほどで天候は元どおりの好天に。
振り返ると日の出の方角がモルゲンロートが広がっている。
ここでHT君「展望台まで戻って写真撮ってきます」とダッシュで戻っていった。
若さゆえの暴挙である。
こんな道を2時間あまり
私は体力温存のためにひとりせこせこと林道歩きを続ける。
途中でいい具合に日の出を撮ることができたので正解!


ほどなくHT君も「まあまあのが撮れました」と言いながら戻ってくる。
さすがに綺麗である! (HT君撮影)
その後も快適な林道歩きを続ける。
途中、車両乗り入れ禁止にもかかわらず数台の車に追い越される。
ちょっとムッとするが山岳パトロールか遭対協であろうと推測し歩を進める。

雲竜渓谷登山口手前の工事車両用駐車場で林道を離れ谷沿いの登山道に入る。
このまま林道を行っても、入り口には着くのだが、我々はバリエーションを求め渓谷沿いの道をとる。
谷に降り、雪と岩のミックスの稲荷川渓谷を遡行する。
途中何箇所か渡渉点があり、結構難儀する。
稲荷川を遡行する
私も何回か水面下の岩に足を滑らせ、踝あたりまで水に浸かる。
ゴアの山履とゴアのスパッツはやはりすごい。一滴の水も浸みて来ない。
だけど、こりゃあ、かなり注意が必要だな。と思っているところで、HT君が水の中を転がっている。
落ちたのである。
彼もまたゴアに包まれているのでそれほどのダメージがなかったのが幸いであった。
こんなところで落ちたらたまらん
両岸が氷結し始める

氷柱の回廊を行く

洞門岩を過ぎた頃から、両側に氷瀑が連なる。

なかなかの景観である。
氷瀑の裏からの景色は「山渓」の表紙にも使われているほどである。
このでか氷柱の裏に回る 



ついに最後の谷に到着。
この上に最終目的地の雲竜瀑がある。
雲竜瀑へ続く谷のF1
ここは我々には直登は無理
ここで我々はようやくアイゼンを装着。
後続の登山者達は、ほとんどすでにアイゼンを装着していた。
先ほど車で来た遭対協らしきグループは、氷瀑のF1を登っていくが、我々は当然F1を高巻く。
高巻きとはいえこれが結構な難所。
「林道をちょっと行けば」の話と大違い。雪に埋もれた崖を攀じる。

ヘトヘトになりながら、ようやく雲竜瀑の滝壺へ。
ようやく雲竜瀑に到着
今年は凍結が遅く、まだ完全に凍ってはいないが壮観である。
雲竜瀑に到着 


先行者1組(我々が写真を撮りまくったり、アイゼン装着している間に抜かれたのである)が対岸の崖の上で休憩している。
先行者が崖の上で休憩している
我々も同じ場所まで登り休憩と昼食。しばらくすると沢沿いに直登してきた遭対協らしきグループや高巻き道を通ってきた登山者が続々とやってくる。

登山者がわらわらと参集
遭対協?が雲竜瀑の横の壁でアイスクライミングのトレーニングをはじめる。


それを眺めながら我々は昼食。
滝つぼ周辺もかなり賑やかになってきたので我々は退散することにした。
孤高の単独行者
谷の奥にはさらに氷瀑(黒岩滝?)が見える
帰りも往路と同じ谷沿いの道をを下る。
アイゼンは快適に効く。もっと早くからアイゼンを装着したほうが良かったと痛感。
行きは苦労した沢の渡渉もアイゼンの爪の前にはなんてことなかったのである。

途中で私がアイゼンの片っぽを雪の中に忘れるというアクシデントはありながらも雲竜渓谷登山口に到着。
ここからは来た時とは違う林道に道をとる。
帰りの展望台でようやく見えた赤薙 山の稜線
快適な林道歩きを再開し、午後1時過ぎには駐車場に無事に到着したのであった。
林道の入り口
入山カードはたくさん入っていました
今回はひさびさの山行であり、また完全雪山装備。
さらには昨年の焼岳ヘタレ山行のトラウマから林道を「ちょこっと歩く」というプランに乗ってしまったわけであったが、極度の睡眠不足にもかかわらず、かなり快調に行程をこなせた。
また、雪に覆われた林道、季節ハズレの渓谷遡行、そして氷瀑見学とかなりバリエーションに富んだ山行となり、2015年最初の山行は大満足なものとなりました。
連れて行ってくれたHT君に大感謝であります。

~ 林道も 雪を被りて また楽し ~

<山行記録>
日程:2015年1月17日(日) 夜行日帰り
同行者:HTさん
天候:晴れ時々曇り時々雪

当初計画:雲竜渓谷登山口駐車場(7:00)-稲荷川展望台(8:00)-雲竜渓谷入口(9:10)-雲竜瀑(10:00)-(昼食)-発(11:00)-雲竜渓谷入口(11:30)-駐車場(13:30)

コースレコード:雲竜渓谷登山口駐車場(5:33)-稲荷川展望台(6:35)-発(6:50)-雲竜渓谷入口(8:00)-雲竜瀑(9:05)-(昼食)-発(10:22)-雲竜渓谷入口(11:05)-稲荷川展望台(12:07)-発(12:15)-駐車場(13:05)

実歩行時間:往路3:17 復路2:35 合計5:52