2014/09/06

2014.9.6 【北アルプス 焼岳山行】天気快晴、絶景なれどヘタレ確定

朝起きると快晴であった。
旅館から前穂高のゴジラの背中が見えた
早朝から焼岳を登り、続けて乗鞍岳をやるか?
今回は焼岳だけをゆっくり登るか?
写真は全てクリックで拡大します。
答えは、旅館のフロントの説明にあった。
「朝食は7時からですが早朝出発の場合は、朝食用におにぎり弁当を用意します。お昼もおにぎり弁当を用意しております。」
夕飯がなかなか美味しかったので、朝7時からの朝食を頂くことに決定。2食連続おにぎりを回避した。
中の湯温泉旅館の朝食
この時点で今日は焼岳をゆっくり楽しむことに決定!
朝食をゆっくりと食べ、いよいよ出発である。
旅館脇の道をまずは登山口まで登る。
その後はブナの樹林帯の中をひたすら登るだけである。
旅館で貰った焼岳へのルートマップを見ながら、順調に高度を上げていく。
焼岳ルートマップ 新中の湯ルート
ブナの大木の樹林帯を行く
下堀沢との出合まで着くと今度は谷沿いの道を登る。
しばらく登ると視界が開ける。
昨日の豪雨一過。本日は快晴。アルプスの稜線も展望できる快適なルートである。
樹林帯を抜けると前穂高方面の視界が開けた
早くも紅葉が始まっていた
焼岳の南 峰(左側)と北峰が見えてくる
もう頂上はすごそこだ!
北峰の頂上も溶岩の塊だ
しかし、大小の岩石を攀じるように登っていくのでかなり疲労する。
H君は快調のようでなかなか追いつくのも大変である。
この辺りから、、あまり足に踏ん張りが効かない状態となるも、なんとか焼岳南峰と北峰の鞍部まで到着。
南峰と北峰の鞍部にて
後ろの煙は火山性ガス。くさ〜〜
火山湖・正賀池を間近に見る。
南峰は2,455m、北峰は2,399mと南峰のが高いが、南峰は立ち入り禁止となっている。
溶岩が固まった大きな岩峰であり確かに登るルートは見当たらない。
とは言え、落石と崩落さえ注意すれば、なんとか登れそうには見えるのだが。

噴煙のすぐ下に登山道がある。人が歩いています。
側を通り抜けると臭いし暑い
ここでかなりの時間休憩を取り、いよいよ北峰への最後の登攀となる。
北峰も溶岩の岩峰であり、所々ガスが噴出している。

この焼岳は1915年に爆発し、梓川を堰き止め大正池を作ったのが、最近では一番大きな噴火であるが、その後1924年、1962年にも噴火している。
1965年から1992年までは入山規制が取られ、1992年から北峰のみ登山が許可されている状態である。

頂上に出る。
すごい人である。
我々の登ってきた「新中の湯ルート」より、「上高地から焼岳小屋を経由して登ってくる」登山者の方が圧倒的に多いようである。
頂上は登山者でコミコミ
結構広い頂上であるにもかかわらず、座る場所もないほどの混みようである。
穂高の吊り尾根、左奥には槍ヶ岳が見えます。
笠ヶ岳(左)から穂高連峰
山頂から見る正賀池
景色はすごいことになっている。
北アルプスの主稜線(槍穂といわゆるダイアモンドコース)が一望できる。
乗鞍岳や笠ヶ岳も間近に迫る。

ちょうど空いた、「笠ヶ岳絶景ポイント」に座り、しばし景色を堪能。
ここで昼食とする。
中の湯温泉旅館謹製おにぎり弁当
天気も良いし景色も良いし、しかも今回はゆっくり登山と決めたので、1時間以上頂上に留まる。
焼岳山頂にて
十分に北アルプスの景色を楽しみ下山を開始。
実はここからが大変であった。

まずは稜線直下の岩場を下る時に、足に違和感が走る。
時折、発症する膝の痛みではなく、踏ん張りが効かないのである。
トッレキングポールで支えながらの下山となってしまう。
当然スピードは出ない。

樹林帯に入れば、なんとかなるだろうと思っていたが、全くだめである。
H君にしばしば待ってもらうという情けない状態に陥る。
要するに脹脛の筋肉が弱っていて踏ん張れないのである。
トレーニング不足はおろかこれは完全にヘタレである。
ポールに頼りながら、なんとか一歩づつ歩をすすめるしかない。
とくに階段が最悪。降りられない。
秋の野草が咲いているが楽しむ余裕もない。
振り返ると焼岳
アキノキリンソウ
ハハコグサ
ミヤマリンドウ?
たぶん毒キノコ?
ノアザミ
それでも、なんとかかんとか登山口まで到着。
残りは山道を10分下れば中の湯温泉である。
しかし、もう山道を歩く体力も気力もなし。遠回りになるが車道をテクテク降りることにした。

疲労困憊で中の湯温泉旅館に到着。
宿泊者は帰りも無料で温泉に入れてくれるのがありがたい。
ただいま、中の湯温泉
温泉に入るとなんとか人心地がついた。
他に入湯者もおらず快適である。
露天風呂は気持ちいいいなあ
今回の山行では完全にヘタレを露呈してしまった。
ちゃんとリハビリ→トレーニングをしないともうどこにも行けないぞ!と自分を戒めながらも露天風呂から穂高の稜線を眺める頃には、「乗鞍岳を登り返す」という計画などはもうすっかり忘れてしまっていた。

山行記録
日程:2014年9月6日(土) 

同行者:Hさん

天候:晴れ

当初計画:
中の湯温泉(8:00)-焼岳登山口(8:15)-下堀沢出合(9:40)-南峰北峰鞍部(11:10)-焼岳山頂(11:15)-(昼食)-発(12:15)-南峰北峰鞍部(12:20)-下堀沢出合(13:20)-焼岳登山口(14:20)-中の湯温泉(14:30)

コースレコード:
中の湯温泉(7:45)-焼岳登山口(7:55)-休憩(8:30)-発(8:40)-出合上部(9:40)-発(9:50)-休憩(10:15)-発(10:25)-南峰北峰鞍部(11:15)-発(11:30)-焼岳山頂(11:40)-(昼食)-発(12:50)-休憩(13:45)-発(13:55)-休憩(14:25)-発(14:35)-焼岳登山口(15:15)-中の湯温泉(15:30)

実歩行時間:登り3時間10分 下り2時間20分 合計 5時間30分
焼岳山頂より北アルプス主稜線を望む


2014/09/05

2014.9.5 【北八ヶ岳 白駒池・高見石ハイキング】雨雲迫る。短時間ハイキング

当初の計画は、北アルプスの安房トンネル近くにある中の湯温泉に1泊し、1日目に乗鞍岳、2日目に焼岳を登山するというお手軽百名山連続踏破というものであった。

早朝に都内を脱出。
中央道に道を取る。目指すは乗鞍岳である。
しか〜〜し、自宅を出る頃はなんとか保っていた天気も、予想通り八王子付近に差し掛かると雨が降り出す。
低気圧が接近しており、天候はこれからも悪化するのは間違いない。
途中の双葉SAでアメダスをチェック。
アルプス方面はすでに雨。かろうじて北八ヶ岳方面には、まだ雲がかかっていないのを発見。

そこで予定を大きく変更。
北八ヶ岳、麦草峠を今日の目的地と定める。
諏訪南インターで高速を降り、メルヘン街道を快調に走り抜け、麦草峠に駆け上る。
8時45分に麦草峠の駐車場に到着。
全ての写真はクリックで拡大します。

きっちりと雨具を用意し、白駒池から高見石へのハイキングを開始。
雲が大分垂れ込めてきており、まだ雨は降ってはいないがいつ降り出してもおかしくない。
速攻でハイク開始。
白駒池への登山口

樹林帯を登り白駒池へ。
苔むす樹林帯を行く。
北八ヶ岳の典型的な景色である
樹林帯を歩く
白駒池に到着
白駒池に着いたときには少し青空も見え、結構、良い景色が楽しめた。
お、晴れて来たかな??
休憩する間ももったいないのでそのまま高見石へ。
10時前に高見石小屋に到着。ザックを背負ったまま高見石へ登る。
高見石にて。カメラを落とさないように抱えている
登り口にザックはここに置いていけ、カメラ以外持っていくなと立て札が。
高見石に登ってみて初めてその理由に気づいた。高見石は大きな岩がゴロゴロと積み上がっているのだが、岩と岩の間に隙間が多く、もしそこに何か落としても、もう最後。取れない可能性が大。
物を落としてしまった登山者が、小屋の人に泣きつくことが多いのだろう。
で、この看板が設置されたのでしょうね。
白駒池方面。3分後には何も見えなくなる。
高見石からは北アルプスをはじめ、妙高、浅間まで展望できるのであるが、この日は当然何も見えません。北八ツすら完全に雲の中。
かろうじて数分白駒池方面の展望が開けました。
まあ予想したことなのでしかたありません。
まあ、大体こんな感じ
岩を降り、高見石小屋に立ち寄る。我々の他に登山客は居なかった。
ちょうど、荷揚げの最中で、歩荷してきた小屋の人に出会う。
小屋に入りコーヒーを頼む。
歩荷してた人が息を切らせて応対してくれる。ということは、それまでこの小屋は無人だったのですね。
まずまずのコーヒーをいただき、30分ほど休憩をして退散。
高見石小屋である。我々の他に客はいなかった。

 雨雲が押し寄せてきているので、山道を駆け下り、駐車場に到着。

山道を駆け降りる
アキノキリンソウ
食えるかどうか不明。多分食えない
着くと同時についに雨が降り出す。
ちょうど2時間のハイキングであったが、その間は全く雨に降られずラッキーであった。

駐車場を出て、今日の宿泊地である中の湯温泉に向かう。
一度、高速に乗り返し、松本ICで降りるがこの頃には、まさに豪雨となる。
新島々を抜け、安房峠に向かうが、その間、豪雨で前を行く車も見えないくらいだ。
ちょうど局地豪雨で土石流が発生するという天災があったばかりのことでもあり、撤退するかどうか迷う。結局、行けるところまで行こうということで、ノロノロと山道を登っていく。傍を流れる梓川も濁流と化している。
それでもなんとか、2時過ぎに中の湯温泉旅館に到着。
ようやく落ち着き、明日の晴天を祈りながら、温泉を楽しんだのであった。
穂高が見えるはず
こんな夕飯でした。
山行記録;
日程:2014年9月5日(金)

同行者:Hさん

天候:曇りのち雨のち豪雨

当初計画:
なし

コースレコード:
麦草峠駐車場(9:00)-白駒池(9:15)-高見岩(9:50)-(休憩・高見岩小屋)-発(10:25)-麦草峠駐車場(11:00)

実歩行時間:1時間25分