2017/10/01

2017.10.1 【絶景!四阿山&お気楽!草津白根】まだまだトレーニング中

四阿山から浅間山を眺む
今年の夏は天候不順。とくに週末は天候の悪い日が続いた。
しかも、H君となかなか予定が合わず、とうとう10月を迎えてしまった。
約2ヶ月のブランクである。
ということで、今回もまたトレーニング山行であります。
なかなか本番の「北アルプス縦走」とはならないのである。

しかも、いろいろと諸事情が重なり、結果的にはこの山行が2017年度最後の山行となってしまったのである。

今回の目的地は、四阿(あずまやさん)山である。
四阿山は長野県と群馬県の県境にある日本百名山の一つで、標高は2,354m。
例によって、お気楽に登れる山はないか。とH君と物色していたところ、候補に挙がったのが、ここ四阿山。
写真はすべてクリックで拡大します
関越道から上信越自動車道を通り、軽井沢を経由し、スキーリゾート・パルコール嬬恋の駐車場に10時前に到着。
珍しく天気は快晴である。

駐車場にはまあまあの台数の車が駐車していた。当然スキー客ではないので、登山客である。
なんと、ゴンドラリフトを使って登ろうという軟弱者の多いことよ。

ゴンドラリフトで、1,450mから一気に2,050mまで。
残りの標高差は300mというお気楽さである。

山頂駅(スキー用)

2,050mまで一気に昇る

前日のTV放映で、「草津方面もそろそろ紅葉が楽しめます」とのことだったので期待していた。
体力的にも楽で、紅葉も楽しめるのである。願ったりかなったりである。

まあ、結局TVはまたしても嘘つきだった訳で、一部、それも何本かが紅葉していただけで、紅葉狩りとは程遠かったのである。


山頂駅で降り、しばらく草原(スキーゲレンデですね)を歩くと、すぐに稜線歩きとなる。

頂上付近のゲレンデを歩く

浅間山方面を望む

このルートで唯一の紅葉狩り地帯

赤城・日光方面
稜線を往く
1時間40分ほどでお気楽に四阿山の山頂に到着。


山頂は広いが、今日は登山客も多い。
我々も昼飯としよう。
今日は質素にコロッケパンとアンパン
浅間山です

ここしばらく見たことがない360度の絶景である。

富士山が見えてます

中央アルプス(多分)

八ヶ岳方面

北アルプス北部 白馬方面
北アルプス 槍穂
剣岳まで見える。
H君と「間違いないね。剣だね~~~」
それを耳さとく聞いていたのだろうか、ベテランなのだろう、それなりの格好をしたクソ親父が、「ここから剣は見えねえ」と連れに偉そうにほざく。
どうでもいいが、むかついたので「あの双耳峰が、鹿島槍だから間違いなく剣岳だねえ」

クソ親父「どれどれ、あ、ホントだ剣岳だああ」と違う方向を指差して叫んでいる。
「おめえ、それは槍穂だろ?馬鹿なの?」とは言わず。
多分、剣岳がどこにあるかも知らない「知ったかクソ親父」だったのだろう。アホである。
鹿島槍(双耳峰)の稜線の左に剣岳が見えた

三角点脇に地蔵

頂上は満員状態

頂上社も昼食客

そろそろ雲が出てきた浅間山

昼食も食べ、360度眺望を堪能し、大分混んできたので撤収。
この頃になると雲が出始めたのでとっとと降りることにする。


帰りもゴンドラリフトを使う。
予定した時間より、大分早く降りれることが分かり、「ついでに草津白根行っちゃう?1日で百名山2つやっちゃう?田中陽気やっちゃう??」
ってことで、車で一路白根山を目指す。
田中陽気さんは自分の足で走ってましたけど~。


草津白根山(くさつしらねさん)は、群馬県吾妻郡草津町に位置する、標高2,160mの活火山。
正式名称は白根山であるが、他の白根山と区別する必要のある場合の名称として地域名「草津」を冠した草津白根山の名で呼ばれる。
また、近隣の逢ノ峰と本白根山を含めた三山の総称とすることもあり、この場合は標高2,171mの本白根山が最高峰となる。

ご存知のように2018年1月23日午前10時2分。
本白根山の鏡池北火口から、直前まで目立った予兆もなく噴火した。
気象庁は噴火警戒レベルを「レベル1」から「レベル3(入山規制)」に引き上げた。
この時、噴石で1名が死亡、11名が負傷したのは記憶に新しい。
湯釜は多数の監視カメラが設置されていたが、全く監視していない鏡池付近からの噴火であった。

この登山の時点では、入山規制はゆるかったため、本当は最高峰である本白根山まで行けたのだが、下調べもちゃんとしておらず、天気も悪化し、時間もなかったので、湯釜付近の散策としてしまった。
今となっては、昇っておけば良かったとちょっと後悔。



白根山湯釜


ちょっとだけ紅葉が始まっている

天候悪化で雲多し

さっき昇った四阿山はもう雲に沈む


噴火した本白根山方面

最高峰の本白根山(2,171m)が入山規制され、本峰の白根山(2,160m)も以前から登山不可。
ここしばらくは草津白根山は登山ができない状態となるので、この時、湯釜見学だけでも行っておいて良かったのである。

今回は、久々の登山でありお気楽なコースではあったが、満足な山行であった。

<山行記録>
日程:2017年10月1日(日) 日帰り
同行者:Hさん
天候:晴れのち曇り

当初計画:パルコール麓駅(10:00)-(ゴンドラ)-山頂駅(10:20)-発(10:30)-茨木山分岐(12:10)-発(12:15)-四阿山山頂(12:35)-(昼食)-発(13:20)-茨木山分岐(13:35)-山頂駅(15:00)-(ゴンドラ)-麓駅(15:30)

コースレコード:
《四阿山》 パルコール麓駅(9:53)-(ゴンドラ)-山頂駅(10:08)-発(10:15)-茨木山分岐(11:24)-四阿山山頂(11:45)-(昼食)-発(12:50)-山頂駅(13:55)-発(13:59)-(ゴンドラ)-麓駅(14:15)
《草津白根山》 白根火山駐車場(15:28)-湯釜観覧所(15:40)-発(15:45)-駐車場(15:55)

実歩行時間:2時間35分(+22分)

久しぶりに槍穂に行きたいなあ